浮気調査方法 > マーキングを使った浮気調査

マーキングを使った浮気調査

「浮気」・・・本当に嫌な言葉だと思います。

されている側はたまった物ではないと思います。

そこで自分で行う事が出来る浮気調査の方法として、「マーキング」と言うやり方があるのをご存知ですか?

マーキングと言うのは「印を付ける」と言う意味で、浮気を調べる相手の財布の中にあるお金に目印になる様に何かマークを付けておくとか、財布の中の金額を覚えておくとかと言うやり方になります。

この方法を行う際には、「何となく明日浮気をしそうな予感」と言う様な時に調べるのがコツだと思います。

そうじゃないとマーキングをする意味があまり無いと思いますので・・・。

浮気相手と会う前の日にマーキング行為をしておきます。

その後浮気相手と会って帰ってきた相手に対して「お金ある?」と聞いてみましょう。

そしてお金の使い道を聞いてみて財布の中身と合う様でしたらいいでしょうし、そうじゃなく「今日は何も使ってないよ」とか言われたとしたら後でこっそり財布の中身を調べてみましょう。

もし結構使っていて無くなっていたとしたら怪しい物ですよね。

お金が無くなっているからと言って浮気とは限りませんが、何に使ったか隠している時点で怪しいという事になると思います。

こう言ったマーキングは浮気の証拠にはなるとは思いませんが、浮気を自分で調べると言う意味では役に立つ調査方法だと思いますので簡単に手軽に浮気調査をしてみませんか?

きっと色んな所で証拠となる様な物が出てくるかもしれませんよ。