浮気調査方法 > 浮気調査の種類

浮気調査の種類

浮気調査を行う方法として、いくつか種類がありますのでご紹介してみたいと思います。

【行動調査】
浮気を調査したい対象の相手を尾行したり、相手の事をよく知る為に聞き込みをしたり、相手の行動を張り込んだりして調べたりする調査方法です。その他色んな情報を収集する事も指しています。

【証拠調査】
大抵は不貞行為を働いているかどうかの調査を行います。不貞行為とは配偶者以外の異性と肉体関係があり、その関係性に継続性がある場合に不貞行為であると言います。つまり、1回エッチしただけだと不貞行為には値しませんが何回も同じ相手とエッチしている場合には不貞行為と言う事になります。それを調査して証拠となる決定打はラブホテルへ出入りする写真となります。

【浮気相手を特定する調査】
浮気相手を特定させる調査を探偵等に依頼する場合、少しでも相手の予想が付いているのであれば、費用面や時間面から見て大幅に節約出来ると思います。仮に全く見当もつかない場合には調査内容によって大きく展開が異なってきます。
昔は浮気相手と言ったら会社関係や飲み屋関係、近所付き合い関係等特定がしやすかったのですが、今は合コンやインターネット等の出会い系サイト等出会いの場が広がった為に特定が困難だと言われています。相手を特定する事により、その後の展開を大きく左右させる事になりますのでしっかり相手を特定させておく必要があると思いますので、きちんとデータとして残しておく事をお勧めします。